転職を決断する前に行った薬剤師の転職事情の分析

ドラッグストアへの転職を目指すことに

薬剤師の転職事情についてよく調べてみるドラッグストアへの転職を目指すことに転職に成功したかというと完璧なものではなかった

このような分析をした上で自分に聞いてみたのが、調剤をするのを主にして仕事をしていきたいのかということでした。
自分の答えはノーであり、基本的には薬剤師として薬に関わる仕事をしていければ良いというのがスタンスです。
そのため、速やかに転職を成功させるという目的を達成するためにドラッグストアへの転職を目指すことにしました。
ドラッグストアを選んだ理由はもう一つ事情があります。
ドラッグストアを選ぶ人たちの視点となっているのが将来的な給料の高さです。
転職した直後ではそれほど違いがないことが多いものの、ドラッグストアの店長レベルにまで昇進すると飛躍的に給料が高くなって調剤薬局とは年収に差が生じます。
それにともなって管理職の仕事をすることになるため、仕事内容にも違いが生じるでしょう。
自分の場合にはむしろ好都合であり、調剤にこだわりを持っていない以上はより稼げる職場という点でドラッグストアが候補になったのです。
この分析に基いて大手のドラッグストアにすぐに転職することに成功しました。
このような分析を行ったのが功を奏したと言えるでしょう。