転職を決断する前に行った薬剤師の転職事情の分析

転職に成功したかというと完璧なものではなかった

薬剤師の転職事情についてよく調べてみるドラッグストアへの転職を目指すことに転職に成功したかというと完璧なものではなかった

しかし、本当に転職に成功したかというと完璧なものではなかったのは確かです。
これは転職事情についての分析が甘かったからであり、なぜこのような状況があるにもかかわらず、調剤薬局よりもドラッグストアの方が人気が低いのかを考慮していなかったのです。
給料が高くなるのならドラッグストアを選ぶという人が多くなってもおかしくないのに、調剤薬局に人気があるのは仕事内容だけでなく、待遇にも違いがあるからだとわかったのは転職を終えてからのことです。
待遇面で大手のドラッグストアに入ると転勤があるというのは自分にとっては盲点でした。
確かに数多くの店舗を持っているという点で転勤の可能性があることは念頭に置いておかなければならなかったことです。
調剤薬局の場合にも同様の事情がある場合もありますが、便宜を考えて転勤なしという待遇をとっていることが多いのが実際の求人の状況となっていました。
自分の場合には新規開店の際のオープニングスタッフとして派遣されただけであり、二ヶ月ほどの勤務でもとの店舗に戻ることができたので良かったものの、転職をする際には見落としてはならない点であったのは確かです。
転職事情を調べるときには少し深く掘り下げて情報収集をすることが大切だと痛感した転職経験でした。