敏感肌の美白ケアのポイント

美白コスメを使ってもあまり効果が感じられなかったとい敏感肌の方も多いのではないでしょうか。実際、敏感肌の場合に美白化粧品を使っても、効果が出にくいという報告がされています。その理由は、敏感肌特有のシミサイクルにあります。

シミの原因はメラニンです。敏感肌の場合はメラニンが生成されやすいのです。

肌に紫外線が当たるとメラニンが生成されることはよく知られています。しかし、メラニンが作られる原因は紫外線だけではありません。例えば、外部刺激やストレスでもメラニン色素ができます。

敏感肌は肌のバリア機能が弱くなっている状態です。バリア機能が上手く働かないので、外部刺激が肌に入り込み、肌が炎症を起こします。そして、これが原因でメラニンが生成されてしまいます。

刺激の強い化粧品などでも炎症を起こすので、メラニンが生成されます。つまり、美白目的で強い成分を使うと、炎症を起こしメラニンができるので、美白効果が感じられにくいのです。

このような理由から、敏感肌の美白で大切なポイントは、美白効果があるけど刺激が強くないものを使うことです。また、敏感肌は水分が失われやすいので、保湿力の高いものがおすすめです。

また、敏感肌は水分が失われやすい状態です。肌のバリア機能は外部刺激を防ぐ働きだけでなく、肌内部から水分が蒸発するのを防ぐという働きもあります。バリア機能が弱まっている敏感肌は、水分が失われやすいのです。さらに、肌の水分が減るとバリア機能が弱くなりますので、悪循環におちいります。

このようなことから、敏感肌の美白ケア対策として次のようなポイントを満たしたコスメ等を選びます。
刺激が強くない美白成分
保湿力が高く肌の水分量をアップする
肌のバリア機能を改善する
このような美白コスメを使い潤いを与え、肌のバリア機能を改善することで、敏感肌の方でも美白を実感できるようになります。

目的別に美白化粧品を選ぶ

今あるシミを薄くしたい

シミ予防タイプの化粧品では今あるシミを消すことはできません。シミ解消タイプの化粧品は意外と少ないのです。

未来のシミを予防する

未来のシミを予防するにはUVケアだけではダメ。紫外線以外にもメラニンが生成されてしまうことがあるのです。

活性酸素を除去しシミ対策

活性酸素を除去してシミのできにくい肌に。活性酸素対策はアンチエイジングにもおすすめ。