トップページ >  美白ケア化粧品 体験レビュー >  アンプルール体験レビュー

アンプルール ラグジュアリーホワイトを使ってみました

最強の美白成分といわれているハイドロキノンが、肌にやさしく浸透しやすい新安定型ハイドロキノンとして配合されている「アンプルール ラグジュアリーホワイト」。 美白だけではなく、高保湿なところも特徴なので、夏だけではなく、乾燥が気になる秋・冬でも使え、一年中安心して使える美白コスメなんです。 今回は、「アンプルール ラグジュアリーホワイト」のトライアルセットを使ってみました。


「アンプルール ラグジュアリーホワイト」のトライアルセットの内容は以下のとおりです。
・コンセントレートHQ110 3g(スポット集中美容液)
・ローションAOⅡ 20mL(化粧水)
・薬用アクティブフォーミュラ 8g(薬用美白美容液)
・エマルジョンゲルEX 10g(高保湿美容乳液ゲル)

それぞれのアイテムの使い心地・使用感などをレビューさせていただきますね。



コンセントレートHQ110(スポット集中美容液)

まずはじめに、コンセントレートHQ110。アンプルール独自の美白成分「新安定型ハイドロキノン」をシリーズ最高濃度で配合したシミ1点を集中ケアできる夜用スポット集中美容液です。 まるで「シミの消しゴム!?」といわれ数多くの美容雑誌でも取り上げられ、NHKEテレの番組・きれいの魔法でも取り上げられた話題の美白美容液です。使うタイミングは、夜洗顔後すぐ、化粧水をつける前になります。


1本の大きさは手のひらにのる程度に小さい大きさ。1回の使用量はシミ1つにつき米粒1粒大程度の量で、シミが気になる部分にピンポイントでポンポンとやさしくなじませるように肌につけていきます。高濃度にハイドロキノンが配合されているので、出来てしまったシミのみを集中ケアするようにして、全体には塗らないようにするのがポイントです。


実際に手の甲に出してみると、ちょっと固めのゼリーのようなテクスチャー。 固めですが、肌への伸びはよく、また、肌にぴたっと固まって1点のシミに留まるような絶妙な固さになっているんです。一度塗ると、その部分に美容液が留まって一晩中にシミの部分に密着してくれるので、夜寝ている間シミの部分に美白成分がしっかり浸透してくれるんです。



ローションAOⅡ(化粧水)

次に、ローションAOⅡ。アンプルール独自の美白成分「新安定型ハイドロキノン」を配合されているだけではなく、肌の乾燥やダメージから守る保湿成分トリプルセラミド、アルギニンなどが配合されているので、美白と保湿の両方をかなえてくれるんです。

美白化粧品というと、夏にメインに使用するということもあり、使用感がさっぱりとしたものが多く、保湿感が十分に実感できるものが少ないですが、アンプルールなら美白だけではなく、保湿感も実感できちゃうんです。

手のひらに出してみると、化粧水なのにとろーっと濃厚なテクスチャー。でも、肌になじませていくと、とろーっと濃厚なテクスチャーがさらっとした手触りに変化し、肌に成分が浸透していく使い心地が不思議な化粧水です。手に出したときに、さらっとしていないからポタポタ手から垂れてしまう心配もなく、コットンなしでも肌にのせることができるので、個人的にはこの使い心地はよいと思います。


使った後肌はとってももっちりしていて、プルンとしたハリ感も感じられます。肌の奥までしっかり成分が浸透していてうるおいで満たされている感触がしました。リピート率No.1のアイテムなんだそうですが、この使用感を実感すると、リピード率No.1になるのも納得できます。 シミだけではなく肌の乾燥にも悩む方でも、この高い保湿力のある化粧水なら安心して使えますよ。



薬用アクティブフォーミュラ(薬用美白美容液)

次に、薬用アクティブフォーミュラ。ハイドロキノン誘導体である美白有効成分アルブミンの働きで、シミの根本原因であるメラニンの生成を抑制。顔全体に透明感をもたらすだけではなく、紫外線や乾燥などのダメージを受けた肌にみずみずしいうるおいを与える日中美容液です。 夜のお手入れで使う新安定型ハイドロキノンの効果もサポートしてくれる働きがあるんだそうなので、合わせて使用したい美容液ですね。


手の甲に出してみました。かなりコクがあり濃厚なテクスチャーです。でも肌になじみやすく、伸ばしていくとしっとりと肌にうるおいを与えてくれます。

コクのあるテクスチャーですが、つけた後の肌へのベタつき感はなく、軽いつけ心地になっています。だからメイクをしている日中の肌でも使いやすい使用感です。シミだけではなく、肌全体のくすみが気になるという方にもおすすめのアイテムです。



エマルジョンゲルEX(高保湿美容乳液ゲル)

次に、エマルジョンゲルEX。美容液成分96%配合のトリートメント処方で、美容液の活性効果、乳液の柔軟効果、ゲルの注水効果を凝縮した、アンプルール独自の美容乳液ゲルで、肌にハリ・つや・透明感・うるおいを実感できるゲルなんです。

ぷるんとしたなめらかでみずみずしいゲルですが、クリームのようにコクのあるテクスチャーもあります。


手の甲の上で伸ばしてみると、スーッと溶け込んで肌になじんでいき、しっとりうるおいを実感することができました。 さらに、うるおいだけではなく、肌がもっちり柔らかくなり、ふっくらとしたハリ感も感じられたんです。

つけた後は肌へのベタつき感はなく、乾くとしっとりとうるおいが残っているのに、肌表面はサラサラしていました。ジェルではうるおいがちょっと物足りない、でも、クリームだとベタっとした感じが肌に残るのが苦手という方にはぴったりのアイテムですよ。


さらにしっとりとしたうるおいが1日中持続できるところも嬉しいポイントでした。

私は乾燥肌ですが、ローションとこのゲルだけでケアしても保湿感は十分に感じられましたよ。朝つけると夕方まで、夜つけると朝まで、肌にはしっとりとしたうるおいが感じられるので、朝・夜両方、ゲルで保湿ケアするのがおすすめですよ。

アンプルールは美白効果だけではなく、保湿効果も実感できるのが特徴ですが、美白効果もさることながら、保湿効果もかなり高いと思いました。


アンプルール ラグジュアリーホワイトを使ったその効果とは?

「アンプルール ラグジュアリーホワイト」のトライアルセットを1週間使ってみました。 美白効果を期待して使ってみましたが、かなり高く実感できたのは保湿効果でした。乾燥した風に顔が当たっても、肌が乾かないので、1日中乾燥を気にせずに過ごせるという安心感がありました。

肝心の美白効果の方ですが、気になっていたシミについては、1週間使ってみた時点で、シミが薄くなったという実感はこれといってなかったです。 ただ、若干ですが肌が明るくなって、肌全体のくすみが薄くなってきたような実感はありました。

私は乾燥肌の上、敏感肌でもあるので、刺激が強い美白化粧品は使用しないように避けていたのですが、アンプルールは、肌への刺激が強いといわれているハイドロキノンが配合されているにも関わらず、肌への刺激をほとんど感じることはなく、安心して使うことができました。

1週間使ってみて、美白効果や今あるシミを薄くする効果も期待できそうな手応えを感じられたので、現品を購入して使い続けてみたいなと思いましたよ。