美白化粧品の選び方 間違うと効果が出にくい!

美白化粧品には大きく分けて2種類あります。それは、出来てしまったシミを消す解消タイプと、これから新しくシミが出来るのを防ぐ予防タイプの2種類です。


間違ったものを選ぶと効果が半減するので、目的にあった化粧品を選ぶことが大切。例えば、今あるシミを消したいのに予防タイプを使っていてもあまり効果があらわれません。


次に大切なポイントは浸透力。多くの美白成分は水溶性。人間の肌は皮脂に覆われているので水溶性の美白成分はあまり浸透しません。美白成分を肌に浸透させる工夫を行なっている化粧品を選びましょう。


そして最後に大切なポイントは肌質に合ったものを使うことです。美白成分の多くは刺激が強いので、敏感肌や乾燥肌の方が使うと炎症を起こすことがあります。メラニンが生成される原因は紫外線だけでなく、炎症によっても生成されます。ですから、肌の弱い方が強い美白成分を使うと逆効果になることもあります。


目的別に美白化粧品を選ぶ

今あるシミを薄くしたい

シミ予防タイプの化粧品では今あるシミを消すことはできません。シミ解消タイプの化粧品は意外と少ないのです。

未来のシミを予防する

未来のシミを予防するにはUVケアだけではダメ。紫外線以外にもメラニンが生成されてしまうことがあるのです。

活性酸素を除去しシミ対策

活性酸素を除去してシミのできにくい肌に。活性酸素対策はアンチエイジングにもおすすめ。


美白ケア化粧品 人気ランキング

当サイトからの申し込みが多い順のランキングです。

トライアル
1,890円
送料無料
(6,500円相当)
アンプルール
シミを消すシミを予防透明感アップ

本気でシミ・くすみに悩んでいるかた限定!
新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化することで角質層に浸透し、直接メラニンにアプローチ!
一気に肌に触れず時間差で働きかけるので、長時間持続するだけでなく、肌への刺激が大幅に低減されています。

トライアル
2,160円
初回限定1,480円
送料無料
ディセンシア サエル
シミを消すシミを予防透明感アップ

敏感肌専用の美白化粧品。敏感肌の方が通常の美白化粧品で効果を感じられないのは、敏感肌特有のシミサイクルが原因。敏感肌の女性のために、その原因を解消する美白化粧品が出来ました。

トライアル
1,000円
送料無料
アスタリフトホワイト
シミを予防透明感アップ

松田聖子さん、松たか子さんのCMでお馴染みアスタリフトホワイト。ナノAMAと美白有効成分(アルブチン、ビタミンC誘導体)が角層まで届き美白ケア。アスタキサンチンや3種類のコラーゲンでハリと潤いをキープ。

トライアル
1,944円
送料無料
ビーグレン
シミを消すシミを予防透明感アップ

最強の美白成分ハイドロキノンができてしまったシミを薄くし、シムホワイト377がシミが出来るのを予防します。これらの美白成分を国際特許の浸透テクノロジーで肌の奥まで届け、直接シミに働きかけます。

HANAオーガニック 初回限定
1,480円
送料無料
(2,893円相当)
HANAオーガニック
シミを予防透明感アップ

日本ではまだ少ない本物のオーガニックコスメ。100%天然成分で安心のオールインワン美容液。抗酸化力の強いローズポリフェノールが、寝ている間に肌再生し、シミ・くすみを解消。


美白化粧品でアンプルールが人気No.1の理由

肌に優しく、浸透しやすい新安定型ハイドロキノン

シミを消す美白成分として最も効果的と言われているのがハイドロキノンです。その効果が認められているので医療機関でも使われています。しかし、ハイドロキノンは水溶性で肌に浸透しにくい特徴があります。いくら効果的な成分でもシミの元に届かなければあまり意味がありません。また、ハイドロキノンは不安定で刺激が強い成分なので、肌が弱い方が使うとヒリヒリしたりすることもあります。


このようなハイドロキノンの弱点を克服したのが、アンプルール ラグジュアリーホワイトに配合されている新安定型ハイドロキノンです。新安定型ハイドロキノンはこれまでのものよりずっと安定して効果が発揮される上に、肌への刺激感がなくなり安心して使えます。また、新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化することで肌の角層まで浸透し、シミの元のメラニンに直接働きかけます。このとき、一気に肌に触れず時間差で働きかけるので長時間持続するだけでなく、刺激が大幅に低減されます。


アンプルール ラグジュアリーホワイトには、2種類の美白美容液が用意されています。1つは出来てしまったシミに集中してピンポイントでケアするもの。もう1つは肌全体に使いシミの予防をするもので、くすみをケアし透明感アップを助けます。用途別に分けることでそれぞれの目的で結果が出しやすくなります。
以上がアンプルール人気No.1の理由です。

敏感肌の方はコレがおすすめ

今まで美白を感じられなかった方に人気

通常はアンプルールを選べばOKですが、敏感肌の方にはサエルのほうがおすすめです。サエルは敏感肌・乾燥肌の方のために作られた美白コスメです。20代後半から40代前半くらいの働く女性の約半数が敏感肌か乾燥肌という調査結果があります。調子が良い時は普通肌でも、ストレスがたまったり、季節の変わり目になると肌が乾燥したり荒れたりする方が多いのです。
そのような方は、普通肌用の美白コスメを使っても美白を感じることが難しいと言われています。そして今まで美白コスメで効果を感じられなかったという方にサエルが人気となっているのです。
サエルの注目ポイントは、特許技術のヴァイタサイクルヴェール。敏感肌や乾燥肌の原因は肌のバリア機能が低下していること。ヴァイタサイクルヴェールは、紫外線や外部刺激を徹底的にブロックするので、シミを予防するだけでなく肌のバリア機能を修復します。
そして、ポーラ研究所オリジナルの成分であるエスクレシドが、黒くなったメラにを白いチロシンへと巻き戻すので、出来てしまったシミにも対応
そしてこれらの成分を浸透させるのがウォータリーモイスチャー。水にも油にもなじみやすい性質のため、美白成分が瞬時に肌のすみずみまで浸透

自分の肌が通常肌か敏感肌かわからない場合には、アンプルールとサエルはどちらもトライアルセットを用意しているので、両方を比べてみるのが良いですよ。


美白ケア化粧品 体験レビュー

人気のアンプルール 体験レビュー

シミ予防だけではなく今あるシミを集中ケアできるアンプルール。

本当に美白効果が感じられるの?今あるシミに効果は感じられるの?

実際にアンプルールのトライアルセットを使用してみました。

その使用感と肌への効果とは?

人気のディセンシア サエル 体験レビュー

敏感肌専用の美白化粧品として人気が高いディセンシア サエル。

本当に美白効果が感じられるのか?敏感肌でも問題なく使えるのか?

実際にディセンシア サエルのトライアルセットを使用してみました。

その使用感と肌への効果とは?

人気のHANAオーガニック 体験レビュー

オーガニックの美白化粧品として人気が高いHANAオーガニック。

オーガニックだけど、美白は実感できるのか?敏感肌でも本当に安心して使えるのか?

実際にHANAオーガニックのトライアルセットを使用してみました。

その使用感と肌への効果とは?


「美白化粧品 目的別ランキング【シミを消す・シミ予防・活性酸素対策】」について

エイジングケア化粧品や美白コスメを価格で決めてしまう方も多いと思います。安さがセールスポイント担っている商品も多いでしょう。興味本位で安いものを使うよりは、できれば自分に合ったものを使う方が良い結果に結びつくことが多いようです。シミが出来るのを抑えるには、普段からの紫外線ケアが大切です。また、シミの種類によって最適なコスメの種類も変わってきます。最近ではさまざまなものがあります。ライスフォースのように米が原料の化粧品もあります。ライスパワーNo.11というコメから作られる保湿成分が入っています。この成分は厚生労働省により水分保持能を改善すると認められている成分です。肌の水分量を増やしたいという場合には有効でしょう。 エイジングケアといえばシミ以外にシワの悩みもあります。シミのケアと同時にシワのケアもしたいなら、クリーム状のものが使いやすいです。大手の化粧品メーカーは、自分たちで研究施設を持ち、様々な技術を開発しています。そして、年々効果的なものも開発されています。多くはケミカルのものです。オーガニックコスメは大手ではあまり作られていないようです。オーガニックの化粧品は、大量生産に向いていないというのも理由の1つです。

美容部員のおすすめするコスメも悪くはないのですが、やはり自分でしっかりと成分を調べて選択するのが賢い方法です。しみやくすみを予防したいのか、それともシミ・クスミを薄くしたいのかで使ったほうが良いものが違います。雑誌などを見ると花王のキュレル(Curel)などセラミドを配合したものを多く見かけます。年齢を重ねる毎にセラミドが減っていくので、シワやタルミには良いです。しかし、美白という観点からはどうなのでしょうか?実は、美白にもセラミドは重要です。セラミドは肌の潤いには欠かせない成分です。肌がうるおうと、肌のバリア機能が正常に働いたり、ターンオーバーが正常に働くため、メラニンの発生を予防したり、生成されたメラニンを肌から排出しやすくなるからです。ですから、セラミドにも注目してください。 我儘は言うつもりないですし、富士フイルムのアスタリフト(アフタリスト)だけあれば、ほかになにも要らないくらいです。

2011
いくら若く見えるように頑張っていても、顔にシミができると、実年齢よりも老けて見えますよね。ですからエイジングケアをするなら、シワ対策だけでなく、シミ対策も欠かせません。ほうれい線やちりめんジワ、目尻の皺、目元のシワ、年齢肌を気にするだけでなく、シミのない明るい肌を目指しましょう。 ちょっと安直すぎると思うのですが、化粧品がテレビで取り上げられて知名度が上がったりすると、一気にブレイクします。タレントや芸能人みたいな人がブログで扱ったりすることでも知名度が広がり、いろいろな情報が報じられます。また、エステや美容クリニックも同様に、有名人が通っていたりすると注目があつまります。 シミを消すのにレーザー治療が悪いというわけではありません。ただ、安全性としてはどうかなというところはあります。とはいえ、レーザー治療も現代では珍しいことではありませんし、くすみとしては気にならないのかもしれません。 エイジングの悩みといえばシミ以外にクスミやシワ、たるみ、ほうれい線などがあります。これらの年齢肌の原因は加齢だけでなく、紫外線や活性酸素などがあります。このようなエイジングのお肌の悩みには、ビタミンC誘導体が配合されているものが効果的です。ビタミンC誘導体というのは、肌に浸透したあとにビタミンCに変化する成分です。ビタミンCは水溶性で肌に浸透しにくいため、ビタミンC誘導体という形で化粧品などに配合されているのです。 病院で処方される薬にトランサミンがあります。これにはトラネキサム酸が入っていてシミや肝斑などの改善に用いられます。他にはシナールという薬もあります。